美容・健康・お金

アクセスカウンタ

zoom RSS 最初は勢いでスタートしてみたものの、まだ語学が堪能でない、言いたいことがうまく外国語で伝えられないな

<<   作成日時 : 2008/04/22 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国際結婚が日本でも日常当たり前の出来事になってきました。グローバル化はあなたの周りで着々と進んでいます。
国際結婚の相手として最近増えてきたのが中国の方との結婚で、その次に目立つのがタイ、フィリピンなどですね。ロシアは多いのですが、フランスやドイツなどのヨーロッパの方との結婚は比較すれば多くないようです。
そういう国際結婚で、最近多いパターンは農家などの仕事がハードで日本人の女性には人気のない職業の方のところに女性が嫁いでくるというものです。しっかり夫婦で支えあっているようにみえる家庭が大部分です。
とはいえ、簡単ではありません。国際結婚の最初の障壁はその手続きの煩雑さでしょうか。手続き代行など、いろいろなサービスはありますが、やはりそれでも大変です。
親戚との、地域社会との軋轢も問題です。とはいうものの国際結婚の最大の障壁はやはり言葉の壁でしょうか。
言葉よりも心の結びつきのほうが大事、だとか、心は通い合っているから大丈夫、だとは思いたいものの、最初はそれで乗り切れるものの、長く付き合えばどうにも不確かな感じは否めません。
これは静かに、ボディーブローのように次第に効いてきます。幸せな結婚生活に段々不安が募ってくるのです。
でも、いまさらそんな言葉が通じないことが障壁となって結婚生活をあきらめるぐらいなら、最初からこの結婚には望まなかったはずだ!そう思いませんか?
ちょっとここで真剣に「言葉の壁」を「結婚生活の壁」にしない方法をいろいろ考えてみました。毎日の積み重ねの障壁なら逆にこつこつ崩せる、低くできるはずです。
言葉の違いは国際結婚の大前提。どちらかが相手の言語を母国語と同じくらいのレベルで話せるなら別ですが、そうでなければ、多少の壁はどんな場合にも存在していることを認めて、それを低くすることを考えましょう。
次に大切なのは二人でともに取り組むことです。相手の言葉を理解するために一方だけが負担しているケースは非常に多いのですが、お互いに相手の国の言葉で話す努力は必須です。
そして、忘れないでください、お互いを認識して、努力する相手への感謝、思いやりの心をもって接すること、声があれば、毎日の努力の積み重ねが苦しくありません。常に念頭に置く根気を持つことができます。地味ですが、これこそが言葉の壁を越える力だと思います。がんばれ、国際結婚カップル!


モテない中年男が、金をかけず白人美女と結婚する法

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
最初は勢いでスタートしてみたものの、まだ語学が堪能でない、言いたいことがうまく外国語で伝えられないな 美容・健康・お金/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる